無許諾のMacクローンを販売してアップルから訴えられていたPsystarが反撃、逆にアップルを提訴しました。先月アップル側が北カリフォルニア連邦地裁に提出した訴状はPsystarによるOS Xのシュリンクラップライセンス違反、および商標権と著作権侵害を主張したものでしたが、Psystar側は逆にアップルによるふたつの独占禁止法違反を主張、OS XのEULA無効を訴えています。独占的地位を利用した反競争行為といってもPC業界全体からみればアップルはわずかなシェアしか占めていないこと、またEULAの有効性はアップルの地元カリフォルニアでもPsystarのあるフロリダでも伝統的に認められてきたことなどからなかなか難しい主張ではないかと思われますが、少なくともPsystarがこのまま引き下がる気はないこと、クローンの販売も訴訟騒ぎももう少し続くことには期待できそうです。