IOGEARがノートPC用のKVM切替器「USB Laptop KVM Switch」を発表しました。いわゆるKVM (キーボード、ビデオ、マウス) スイッチといえば一組のキーボード・マウスで複数のコンピュータを操作できる切り替え器のことを指しますが、USB Laptop KVM SwitchはノートPCのキーボード・モニタ・ポインティングデバイス(マウス等)をUSB接続した別のPCの入力・出力機器として使えるもの。

具体的にはUSBケーブルの一端をノートPCに、もう一方をほかのデスクトップなどに接続することにより、ノート本体をそのまま使うモードと、接続先PCの画面を手元のノートに表示するモードを切り替えて2台のPCを操作できるようになります。接続先とノートの画面解像度が異なる場合はスケーリングやズームで表示する仕組み。

またKVMスイッチに搭載されたUSBファイル転送機能により、(共有ウィンドウへの)ドラッグ&ドロップによるPC間ファイル転送にも対応します。さらにスイッチ本体にも空きUSBポートがひとつあり、ストレージやプリンタなどUSBデバイスの共有も可能。

目の前にただデスクトップ+モニタとノートあるいはノート2台がある場合はSynergyなどのキーボード・マウス共有ソフトウェアを使うこともできますが、USB Laptop KVM Switchはモニタに接続されていないいわゆるヘッドレスなマシン相手にも、あるいはLANを使わずにUSB直結で使える点、USBデバイスの共有もできるあたりがポイントです。ただし今のところWindows 2000 / XP / Vistaのみ対応。価格はUS$99.95で販売中。

[via Maximum PC, 本家Engadget]