あと一週間足らずで発表と見られる新 iPodラインナップについて、今度はアクセサリメーカー向けの本体サイズデータなるものが出回っています。図面によれば第4世代nanoはすでにフライングで多数公開されている非ライセンスケースとおなじ縦長の形状、厚みは2代目・3代目よりさらに薄い6.08mm。

もう一方の第2世代 iPod touchはiPhone 3Gのように膨らんだ形状となり、平らな板だった初代より最厚部はかすかに厚くなっています。またiPhoneとおなじ独立したボリュームスイッチも追加。どちらも新 iPod nanoの流出写真(とされるもの)や他のうわさと一致してはいるものの、愉快犯が作ったフェイクということももちろんありえます。真相が明らかになる(と思われる)のは9月9日 (日本時間10日)のアップル「Let's Rock」イベントにて。