デルInspiron Mini 9 国内発表、4万9980円から

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年09月5日, 午前 11:05 in breaking news
0シェア
FacebookTwitter


デル初の低価格ミニノートInspiron Mini 9が国内で正式発表となりました。基本仕様は8.9インチ1024 x 600ディスプレイにAtom N270, 512MB / 1GBメモリ、4 / 8 / 16GB SSD、4セルバッテリー、日本語キーボード。デルオンラインストアで国内向けに用意される構成例は:
  • Ubuntu 8.04、512MBメモリ、4GB SSDのベーシックパッケージが4万9980円。
  • Windows XP Home、1GBメモリ、8GB SSDのプレミアムパッケージが5万7980円。
  • Windows XP Home、1GBメモリ、16GB SSD、さらにBluetooth 2.1+EDRと130万画素ウェブカメラのプラチナパッケージが6万4980円。
Ubuntu 8.04モデルの製造開始は9月下旬となっています。また家電量販店などでも販売が始まっているようです。レビューは例えばLaptop Mag (5点満点中 3.5点)、Notebook Review など。日本語ではおなじみ元麻布春男 氏のレビューが参考になります。目につくポイントは:
  • Netbookとしてはめずらしく完全ファンレス。
  • 筐体デザインはいずれのレビューでも高評価。一般的な同クラス機よりやや小さく、バッテリーが4セルなこともありでっぱりがない。
  • 日本語キーボードの配列は変則的 (婉曲表現)。トラックパッドは大きめで使いやすい。
  • バッテリーは公称3時間40分。Laptopの実測(Ubuntuモデル、BTなし)では無線LAN ON状態で3時間12分(ほぼ同一条件の結果はEee PC 901の6セルバッテリーで4時間38分、Aspire oneの3セルバッテリーでは1時間58分)。notebook reviewのUbuntuモデル実測ではバックライト輝度100%・WiFi ON・ウェブブラウズやDivX動画再生(音量75%)といった条件で3時間38分。
といったところ。1GBメモリとWindows XP構成ではライバルと比較しても別に安くない微妙な価格:仕様比ですが、すっきりしたデザインとファンレス設計は魅力です。あとは各社ミニノートの供給が安定し競争が激化してきたあたりで米デルのようなキャンペーンが実施されることに期待でしょうか。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: breaking news, BreakingNews, dell, inspiron, inspiron mini 9, InspironMini9
0シェア
FacebookTwitter