新DSはワイド画面・両面タッチスクリーン説

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年09月5日, 午前 09:46 in ds
0シェア
FacebookTwitter


思いだした頃に繰り返される新ニンテンドーDSのうわさにまた新しいバージョンが登場したようです。リンク先IGNほかが報じている「詳しい筋」情報によれば、新DSは少なくとも一方の画面がワイドスクリーンになり、上下の両画面にタッチスクリーンを採用したモデルである、とのこと。

過去のうわさでは上下画面ともに一回り大きくしただけのマイナーチェンジバージョン、あるいはGBAスロットを廃止してさらに薄型化、また本体にフラッシュメモリストレージを内蔵してダウンロードコンテンツや「チャンネル」を保存可能にといった説が語られてきましたが、今回の両面タッチスクリーン化は現行DSのアーキテクチャを守りつつ、サイズだけではなく入力方法も変更・追加するDS 1.5のようなイメージです。

おなじ「業界筋」情報によれば新DSの投入は来年4月から5月。まったくの新規ハードウェアあるいはDSの後継機を投入するとはあまり考えづらい時期ですが、初代からLiteのような、あるいはゲームボーイ系の代替わり程度の変化なら考えられないこともありません。画像はIGNの想像図。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: ds, nintendo
0シェア
FacebookTwitter