Wiiの常時接続率をなんとしても上げたいらしい任天堂から、純正のWiFiルータ「Wi-Fi ネットワークアダプタ」が発表されました。仕様はWAN側とLAN側それぞれ x1ポート (10BASE-T / 100BASE-TX)、無線は802.11b/g対応。特徴はAOSS対応でWii / DSと簡単に接続できること、WPA-PSK(AES)に対応しないDSのおかげでほかの機器までWEPのみに下げる必要のないマルチセキュリティ、ネットワーク環境を識別してルータモードまたはブリッジモードで使える自動モード切替、そして写真のように非常にコンパクトで軽量(135g)なこと。

Wii / DS以外の機器ももちろん接続できますが、有線LANポートは x1なので複数台はハブなどを追加する必要があり、またWii / DS以外の動作保証・サポートはありません。発売は9月18日、価格は5800円。(少なくとも当初は) 任天堂オンライン販売のみ。