東芝Satellite NB100 Atomミニノート、Windows XPとUbuntu Linux版で登場

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年09月19日, 午前 06:52 in satellite
0シェア
FacebookTwitter


フライング掲載や非公式動画が出回っていた東芝のAtomミニノート Satellite NB105はまもなく欧州向けに正式発表となるようです。英Stuff.tvによれば型番はSatellite NB100。基本仕様は既報のとおり8.9インチ1024 x 600液晶ディスプレイ、Atom N270プロセッサ、1GB RAM、120GB HDD。WiFiやメモリカードスロット、30万画素ウェブカメラといった標準的な構成です。

情報がなかったバッテリー駆動時間については妙に具体的な「3時間47分」。ただ計測基準がはっきりしないため、実使用環境の数値だとすればいわゆるカタログ値ではさらに長い可能性もあります。OSはWindows XPまたはUbuntu Linux。英国では10月より、Cosmic Black / Champagne Gold / Bright Silverの黒金銀三色で販売される見込み。非公式情報ではあるものの、英国価格は£260とNetbookのなかでも比較的競争力のある数字で登場するようです (ポンド / 円の直接換算ではあまり参考になりませんが、たとえばEee PC 901の英国価格は320ポンド)。

追記:国内展開についての公式コメントは「現時点では詳細を申し上げられません」(東芝)。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: satellite, satellite nb100, satellite nb105, SatelliteNb100, SatelliteNb105, toshiba
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents