デル、Studioブランドのミニタワー・スリムタワーデスクトップを発表

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年09月24日, 午前 11:00 in dell
0シェア
FacebookTwitter



デル史上最小デスクトップことStudio Hybridに続いて、Studioシリーズにミニタワー型のStudio desktop・スリムタワー型のStudio Slim desktopが加わります。共通の仕様はグロスブラック仕上げで高級感のある筐体、Core 2 DuoからCore 2 Quad Q9300まで選択可能、オンボードのGMA X4500HDまたはadeon HD 3450/3650グラフィック、最大8GBメモリ、最大2TB HDD、オプションのBDドライブなど。ミニタワーのStudio desktopは空き5.25インチベイやSoundBlaster X-Fi XtremeGamerサウンドカードオプションなどさらに拡張性に優れています。

価格はStudio desktopがCore 2 Quad Q6600 / Radeon 3450 / 2GB RAM / 500GB HDD / DVDスーパーマルチドライブ / 19インチワイド液晶モニタ込みのベーシック構成で11万9800円。グラフィックが内蔵X4500HD、320GB HDDになったStudio Slim desktop ベーシック構成は10万9800円。発売は24日から。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: dell, studio, studio desktop, studio slim desktop, StudioDesktop, StudioSlimDesktop
0シェア
FacebookTwitter