ソニエリがBluetooth腕時計の新機種 MBW-200シリーズを発表しました。男性向けサイズだったMBW-100 / 150とおなじく単色の一行表示OLEDディスプレイを備え、Bluetooth携帯電話と接続してバイブで着信・メール通知、発信者ID表示、ボタンで着信拒否・ミュート操作などがおこなえます。携帯電話の音楽プレーヤー機能との連携では再生・一時停止・曲送り・音量変更、再生中の曲名表示が可能。またBluetooth (Class 2)の通信可能距離 約10mを利用して、携帯から離れるとバイブで知らせる置き忘れ防止機能も備えます。

3種類のデザインはそれぞれイメージにあった(?) 女性プロテニスプレーヤーを起用したプロモーションが予定されており、白レザーバンドのSparkling Allure エディション(「グラマラスでありながら力強くスポーティー」)はドミンカ・シブルコヴァ、ステンレスバンドのコンテンポラリー・エレガンス(「若いプロフェッショナル女性向け」)はキャロライン・ウォズニアッキ、黒レザーバンドに黒いフェイスのイブニング・クラシック(「クラシックかつカジュアル」)はアグネス・サバイがそれぞれモデルを務めます。

サイズはどのデザインも約 37.3 x 39.6 x 14 mm、重さ60g。発売は「Selected Market」つまり米・欧・アジアなど日本以外で今年Q4 (第4四半期)から。ややコスプレ風のモデル三人が満面の笑みを浮かべる広報写真は続きに掲載。

[Via SEMC Blog]