新Latitude Eシリーズ流出資料で確認されていたデルのポケットプロジェクターが正式発表となりました。Dell M109Sは光源にLEDを採用したモバイル向けの小型DLPプロジェクター。サイズ 92 x 105 x 37mmで約360gと小型軽量ながら輝度 50ANSI ルーメン・コントラスト比 800:1といった仕様を備え、SVGA (858 x 600) ソースを最大 60インチのサイズに投影できます。

入力にはVGA / コンポジットビデオ / 電源がひとつになった3-in-1ケーブルが付属。またモバイル向き機能として、デルのLatitudeやVostroノートのACアダプタを電源に使えるため別のアダプタを持ち歩く必要がないという特徴もあります。3Mのポケットプロジェクター MPro110は携帯電話ほどのサイズで重さ152gとほんとうにポケットで持ち歩ける超小型(10ルーメン)でしたが、M109Sは従来のプロジェクタを超小型化したような製品です。価格はUS$499、米dell.comではすでに販売中。




こちらは数カ月前に流出した内部資料より。製品版はさらに軽く0.36kg。