アップル、iPhone 開発者プログラムからNDAを一部取り下げ

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年10月2日, 午前 03:25 in apple
0シェア
FacebookTwitter


アップルがiPhone開発者に対するNDA (non-disclosure agreement, 非開示契約)の一部取り下げを発表しました。アップルのiPhone Developer Programは形式的な審査とごくわずかな費用で参加できること、App Storeを介した配布・課金システムが完備されていること、なによりもiPhone / iPod touchプラットフォームの魅力から多数の開発者を引きつけることに成功していますが、従来はやたらと厳しいNDAのおかげでiPhoneソフトウェア開発に参加した途端無口になる開発者が続出するといった問題もありました。

今回の方針変更はすでにリリースされたiPhoneソフトウェアに関してNDAを取り下げるというもの。告知ではiPhoneの技術を守り他者に食い物にされないため保護が必要だったとしつつ、iPhoneの成功に協力する側の開発者や執筆者ほかにとってNDAが重荷となっていた場合を認め「リリースされたソフトウェアについては」取り下げるとしています。ライバルと目されるGoogleのAndroidがプラットフォーム全体のオープンソース戦略を強調し開発者コミュニティの力を重視しているのに対して、とりあえず全部口封じ式のNDAは害のほうが多いとようやく気付いたようです。

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, iphone, ipod, ipod touch, IpodTouch
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents