ソニー、タッチスクリーン+電子ペーパーの新リーダーPRS-700を発表

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年10月3日, 午後 12:28 in e-book
0シェア
FacebookTwitter


かねてからの予告どおり、米ソニーが電子ブックリーダーの新型を発表しました。現行のPRS-505から約一年を経て公開された新型 PRS-700は従来とおなじE-Inkの6インチ電子ペーパーディスプレイを採用しつつ、入力インターフェースにタッチスクリーンを加えたモデル。画面を横になぞる動作でページ送り・タップしてズームといったジェスチャ操作のほか、オンスクリーンキーボードでメモや検索語句の入力などが可能です。

そのほかの新機能は「暗いところで読めない」という弱点を解消すべくLEDライトが追加されたこと。内蔵メモリ容量がやや増えた(「平均的な電子ブックで350冊」)ほか、従来モデルと同様にメモリーカードスロット(MS / SD対応)を搭載します。バッテリーは7500ページ送り分。Amazon KindleのようなWWAN無線機能は採用されていません。価格はUS$400。ソニーのオンライン書店アップグレードやPC側ソフトウェアの新機能、追加フォーマットなどはリンク先へ。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: e-book, e-ink, prs-505, prs-700, sony
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents