AMD製プロセッサ搭載の「プレミアム」ミニノート Everun NoteにSSD搭載のバリエーションモデル2機種が加わります。現行機種D60HはCPUがデュアルコアのAMD Turion 64 X2 1.2GHz、グラフィックがATI RS690E( + 128MB DDR2サイドポートメモリ)、メインメモリ1GBに60GB HDDという構成でしたが、UMPC Portalによれば新機種S16S / D24SはいずれもHDDではなくSSDを採用した製品。

廉価版にあたるS16SはCPUをシングルコアのSempron 1.2GHzに、ストレージをMLCタイプの16GB SSDにしたバージョン。OSにはWindows XPではなくUbuntuを採用します。もう一方のD24SはTurion 64 X2 1.2GHzのまま、ストレージに高速なSLCタイプのSSD 8GB + MLCタイプのSSD 16GBの計24GBを搭載したもの。こちらのOSはWindows XP home。

プロセッサと主ストレージ以外の仕様はほぼ共通とされているため、Eee PC 901などいわゆるネットブックの約半分の体積 (200 x 118 x 27.5mm)はバッテリーの変更でもないかぎりおそらくそのまま。重量もHDD版の742gより微かに軽くなる程度ではないかと思われます。価格はS16Sが現行機より220ドルほど安いUS$659、D24Sが約100ドルほど高い$950。

[Via Pocketables]