液晶が進化したPSP-3000 本日発売

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年10月16日, 午後 05:42 in psp
0シェア
FacebookTwitter


ソニーPSPの最新機種 PSP-3000は本日発売です。初代から大幅な軽量化を果たした現行PSP-2000に対して3000はほぼおなじ重さ・厚さのまま、液晶パネルの進化・マイクの内蔵・外部映像出力の改善といった点を変更したモデル。大きさは変わらないものの、HomeボタンがPSボタンになっていたり半月型のボタンが楕円になったり、背面の銀のリングが細く・本体左右の角が緩やかにといった微妙なデザイン上の違いもあります。

マイナーチェンジと呼ばれる3000ですが、最大の進化はやはり液晶ディスプレイパネルの基本仕様が向上したこと。PSP-2000と比較して表示できる色の範囲は約2倍、コントラスト比は5倍、応答速度は約2倍となり、さらに屋外で見やすい反射低減処理が施されています。ゲームのグラフィックは従来のディスプレイを前提として書かれているため必ずしも何倍キレイになるというものではありませんが(旧機種とおなじ色範囲で表示するオプションもあり)、応答速度の改善はゲーム機であるPSPとして重要な点。

特に画面全体が平行にスクロールするゲームや平面シューティングゲーム、あるいは液晶画面を想定していない時代に開発されたゲームの移植などでは目に見えて残像がマシになっています(なくなるわけではありませんが)。新色がでるたびに買い足しているかた、動画再生機と見なしている方はもちろん、冬場は液晶を暖めながらプレイしていたようなゲーマーにはマイナーチェンジどころではない劇的な進歩といえるモデルです。ソニー非公認の活用法が現時点で限られているのは各国トップガンのみなさまの活躍、あるいはSCEJタイトル以外のサードパーティーソフトや旧作もPSN販売してくれることに期待しましょう。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: psp, psp-3000
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents