先月末に国内正式発表となった東芝NB100は特に派手な独自機能もない横並びのネットブック仕様ながら店頭での予価は7万円台なかばと必ずしも競争力に優れているとは言い難い(婉曲表現) ものでしたが、出荷を前にして約5000円ほどの値下げがおこなわれたようです。大手小売店での予約価格は今のところ6万9800円の「6万円台」が多数となっています。

一方、先週発表されたNEC LaVie Lightの NECダイレクト価格は 6万4980円。「東芝としては台湾メーカーから約1万円以上安くてバッテリー駆動時間が数時間長い製品が販売されていても気にならないが、おなじ国内大手メーカーからの競合製品にはすかさず対抗する」という理由かどうかはさておき、買うなら東芝製と決めていたかたには嬉しい知らせです。