プレイステーション3 v2.50に隠れたリカバリーメニュー

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年10月21日, 午後 12:40 in playstation 3
0シェア
FacebookTwitter


先日公開されたプレイステーション3 システムソフトウェア v2.50ではウェブブラウザのFlash 9対応やメディア再生機能のさらなる強化をはじめさまざまな点が更新されましたが、公式のアップデート内容では触れられていないリカバリメニューも導入されています。アクセスのしかたは電源ボタンをビープ音が2回連続で鳴るまで長押し(長タッチ?)すること。

メニューには再起動のほかファイルシステムの修復・データベース再構築、システムアップデートなど。システムアップデートではバージョン2.50以降のアップデータを保存した記録メディアが必要です。PS3はv2.40アップデートの際まれに本体メニューすら表示されず綺麗な波しか映らなくなる不具合を出しており、今後同様の問題が発生した場合でも郵送修理対応ではなく手元でなんとかする方法として導入されたのではないかと考えられます。が、PS3になにか問題が発生したときは勝手に適当なメニューを試したりせずサポートの指示を仰いでください。よく分からないまま再構築や初期化を選んで消えてしまっても自己責任です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: playstation 3, Playstation3, ps3, sce, sony
0シェア
FacebookTwitter