予約だけで150万台を超えたという根拠不明のリポートがあったと思えば初代 iPhoneですら100万台まで発売74日を要したのにそれはありえないという反論があったりと実態の分からないT-Mobile G1の売り上げについて、数字を把握している立場からの発言がありました。G1を製造するHTCのCEO 周 永明(ピーター・チョウ)氏がMercury Newsのインタビューで語ったところによると、HTCは年内に60万台以上のG1の出荷を想定しているとのこと。

また2009年の予測については明言を避けたものの、「一般論として、(2008年よりも) さらに上を目指せると思う」と答えています。現在は米国のT-Mobileのみで販売されているG1ですが、オープンプラットフォームのAndroid採用携帯は各国のオペレータ・端末メーカーから登場する予定。ライバルiPhoneやWindows Mobileとの対決はおもしろくなりそうです。潜在ユーザーにiPhoneではなくG1を買わせる決め手は?と問われたCEOの答えは「フルQWERTYキーボードがあること」。


[Via mocoNews]