この時代のソニー的なるものの一面を象徴するようなガジェットRollyに新モデル SEP-50BTが登場します。従来機からの進化はBluetoothで携帯電話やPCからのコントロールが可能になったこと。Rollyは初代からBluetoothを搭載しており、内蔵メモリの曲を再生するほかA2DPプロトコル対応のBluetoothスピーカーとしても利用できましたが、新モデルは携帯やPCから前進・後退・旋回といった動作を直接コントロールできるようになりました。

また携帯・PC側のアプリからRolly内蔵メモリの楽曲を参照して選曲も可能になっています。ディスプレイの類を備えないローリーはホイールを回転させて選曲という脅威の手探りコントロールを採用していますが、歌と踊りを魅せるプレーヤーとして本体に触れずに各種コントロールがおこなえるのは極めて正しい進化。またPCからのリモート操作時の機能として、初代の登場時からいわれていた複数台セッションも実現しました(最大7台)。

PC・携帯電話ともにリモート操作には専用のアプリケーションが必要です。携帯電話の対応機種は11月下旬以降に公式サイトで公表予定。ハードウェアとしては内蔵メモリ容量が海外モデルとおなじ2GBになったほか、基本的には初代を踏襲しています。再生可能なファイル形式なども従来の日本版と同様。新生Rollyは11月21日からホワイトと新色ピンクがオープン価格・実売予想4万円前後で販売予定。ソニースタイル限定モデルは新色のブラック。また現行のRollyにもBluetoothリモコン操作やプレイリスト閲覧に対応した有償の預かりアップデートが予定されています。こちらは12月上旬に公式サイトで告知予定。続きは新型のプロモ動画。