今月19日からの世界同時提供を控えたXbox 360の大型アップデートNew Xbox Experience (NXE)がネット上に流出しているようです。以前にもハッカーコミュニティーのあいだで初期ビルドがでまわっていたことはありましたが、現在BitTorrentなどで出回っているのはUSBメモリから任意のXbox 360本体をアップデートできるバージョン。

先行体験できるプレビュープログラムに選ばれなかったユーザーとしては不正入手と知りつつインストールしたくなってしまうかもしれませんが、Xbox 360 LIVEの顔ことマイクロソフトのMajor Nelsonによれば、プレビュープログラムに選ばれていないにもかかわらずNXEをインストールした場合はXbox LIVEに接続不可能になるとのこと。期限は一般提供開始の19日までともいわれていますが、実際にどの程度のペナルティか科されるかは不明。研究目的の本体やアカウントを持っていて自己責任の覚悟があるかたはともかく、好奇心程度の場合はあと2週間ほど待った方が無難です。

[via Xbox 360 Fanboy]