ポラロイドPoGo Bluetooth対応のモバイルZINKプリンタ 国内発表

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年11月7日, 午後 01:37 in pogo
0シェア
FacebookTwitter


ポラロイドのモバイルプリンタ PoGoが国内向けに正式発表となりました。PoGoはインクを使わないZINKプリント技術を採用したポケットサイズのプリンタ。ZINKは結晶状態の発色層などが13層にわたってコーティングされた専用紙をプリンタヘッドで過熱することによりフルカラープリントを実現する技術。かつてのポラロイドやフォトプリンターと比較した利点は染料が保護層の下にあるため擦っても落ちないこと、「乾く」のを待つ必要がないこと。

本体はポケットに収まる小型・重さ227g。4.98cm x 7.2cmサイズのフチなしフルカラー写真を60秒 / 枚でプリントできます。インターフェースはUSB (PictBridge)およびBluetooth (OPP)。内蔵バッテリーで約15枚のプリントが可能です。国内での発売は11月20日から。価格はオープンプライス。予想では1万7000円くらい。フォトペーパーは10 / 30 / 50枚パッケージがあり、こちらもオープンプライス・予想では10枚で400円、30枚で1100円前後。
 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: pogo, polaroid, zink
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents