一週間ほど前に未来からのメッセージで伝えられていたプレイステーション3 システムソフトウェア v2.53が今度こそ提供開始となります。公式PS .blogの告知によれば、アップデート点はFlashプレーヤの機能向上。具体的にはFlashコンテンツのフルスクリーン再生、RTMPプロトコルを使ったストリーミング再生に対応します。来なかった未来の予言より約一週間後になった理由は不明ですが(アップデートページの日付の方が間違っていただけかも)、なんでもプレーヤに近づくPS3にふさわしい進化です。日本語のシステムアップデートページはこちら

追記:国内でも2日午前中にネットワークアップデートで提供開始となりました。Flashのフルスクリーン再生はコンテンツによるもののやはり負荷が高い様子。たとえばWiiでも問題ないYouTubeの低解像度(標準)版などはしっかりと見られますが、ニコニコ動画では低解像度動画でもフレームがガクガクしはじめ、ファンも頑張って回るようになります。全画面化しないでフレームレートを取るか、ズームや表示領域を調節してちょうどよい妥協点を探るとよいかもしれません。