マイクロソフトの公式Vista Blogにて、Windows Vista / Windows Server 2008 Service Pack 2のカスタマープレビュープログラム(CPP)開始が告知されました。CPPは従来行われていた限定ベータに続いてより広いユーザーからフィードバックを得るもので、TechNet またはMSDN経由で参加可能です。

Vista サービスパック2の主な内容には、SP1までのアップデートおよび自動エラー報告(アプリケーションがクラッシュすると出るあれ)を通じたフィードバックへ対応する修正、および
  • Windows Search 4.0の追加。より高速で精度の高い検索。
  • Bluetooth 2.1 Feature Pack。最新Bluetooth 規格への対応。
  • Blu-ray メディアへの記録にWindowsからネイティブ対応。
  • Windows Connect Now (WCN)の追加。無線LAN設定がより分かりやすく。
  • exFATファイルシステムにおけるUTCタイムスタンプのサポート。
といったアップデートが含まれます。詳しくはリンク先のNotable Changesを参照。CPPは開発者やIT実務者、PC大好きなエンスーを対象としており、いわゆる一般ユーザーがインストールするものではありません。

Read - Vista Blogでの告知
Read - Notable Changes