AndroidのOHA、さらにAsus, 東芝, ソフトバンク, ソニエリ含む14社が参加

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年12月10日, 午前 08:37 in android
0シェア
FacebookTwitter

Androidプラットフォームの支持団体 Open Handset Allianceにさらに14社が参加しました。OHAの発表によると、新たにAndroid陣営に加わったのは:

  • AKM Semiconductor Inc.
  • ARM
  • ASUSTek Computer Inc
  • Atheros Communications
  • Borqs
  • Ericsson
  • Garmin International Inc.
  • Huawei Technologies
  • Omron Software Co. Ltd
  • Softbank Mobile Corporation
  • Sony Ericsson
  • Teleca AB
  • Toshiba Corporation
  • Vodafone

すでにメンバーとなっているKDDI, ドコモに加えてソフトバンクモバイルが加わったこと、端末メーカーとしてはソニエリや東芝、日本でもイー・モバイルの端末などでおなじみのHuawei、そしてASUSなどの名前が目につきます。半導体メーカーやソフトウェア企業としてはARMやAKM セミコンダクタ(旭化成グループ)、オムロンソフトウェア、Atherosなど。ナビ携帯Nuvifoneを絶賛延期中のGarminの参加も気になるところです。ソニエリのスマートフォン XPERIA X1はWindows Mobileに独自のインターフェースを加えたものとなっていますが、同社幹部は「将来のXPERIAもWindows Mobile端末とは限らない」とたびたび発言しています。OHA参加がたびたび噂されていたAsusにはもちろん「Eee Phone」を期待したいところです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, google, oha, open handset alliance, OpenHandsetAlliance
0シェア
FacebookTwitter