ソニーRolly SEP-10BT 有償アップグレード開始

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年12月9日, 午後 04:20 in rolly
0シェア
FacebookTwitter


新型SEP-50BTの発表時に予告されていたソニー Rolly SEP-10BTの有償アップグレードサービスが始まりました。初期型のSEP-10BT を対象に新型の一部機能を追加するもので、アップグレード内容は:

  1. Bluetooth携帯やPCからの遠隔操縦・内蔵メモリの楽曲確認。PCと最大7台のRollyを接続して同時ダンス
  2. MotionEditor 1.1で追加されたイベント起動音・モーション停止マークの設定
  3. リニアPCM再生
  4. 「よりダイナミックな」セルフモーション

アップグレードはユーザーが各自でアップデータをダウンロードするのではなく、宅配業者が引き取りに来る預かり形式となっています。アップグレードを完了したRollyが帰ってくるまでは約7日間、費用は送料込みで1台につき9000円。新型Rollyは内蔵メモリが海外版とおなじ2GBに倍増していますが、旧型は預かりアップグレードをしてもメモリが増えるわけではありません。アップグレードサービスの受付期間は年内が12月2日から23日まで、そのあとは来年1月5日から6月30日まで。初期型ローリーは新型の登場前にソニースタイルで1万円値下げされましたが、アップグレードを考慮すると新型との差は1000円。この機会に値下げローリーを買い集めてダンスチームを結成しようと思っていた場合、BTで複数セッション機能をどう考えるかは微妙なところです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: rolly, sony
0シェア
FacebookTwitter