マイクロソフトが「ライバル」プラットフォーム iPhone用のアプリケーション Seadragon Mobileを公開しました。Seadragonは先進インターネットアプリケーション / サービスを研究するマイクロソフト Live Labsのプロジェクト。壁ディスプレイから携帯電話までディスプレイのサイズにかかわらず超巨大 / 超高精細な画像データの表示・ズーム(Deep Zoom)を可能にする技術で、イメージとしては拡大がなめらかになった汎用版のGoogle Maps、あるいは極小サムネイル一覧から巨大写真データの細部までシームレスに拡大できる画像ビューアのようなもの。

iPhone版のSeadragon Mobileは同プロジェクトのテクノロジープレビューとして提供されており、地図情報をオーバーレイした空撮マップから月・火星の地表や星雲・銀河といった天文写真、米国議会図書館のアーカイブ、世界の音楽シーン視覚化マップといった超高精細画像がiPhoneブラウズ可能になっています。さらにLive Labsのもうひとつの技術 Photosynthで作成された画像も検索・ブラウズできるため、自分で撮影した大量の写真から巨大イメージを合成してiPhoneで観ることも可能 (ただし現在のバージョンではPhotosynthブラウズが一時的に無効になっています)。Seadragon Mobileのダウンロードはこちらから(※ iTunes リンク)。なお、Seadragonの技術は「Deep Zoom」機能としてSilverlightに取り入れられていますが、モバイル版はiPhoneにSilverlightを移植したわけではありません。