ASUS Eee Boxにプロセッサを高速化した新モデルB203

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年12月15日, 午後 04:40 in asus
0シェア
FacebookTwitter


ASUSのグローバルサイトにEee Boxの新モデル B203が掲載されています。Eee Boxの新機種としてはディスクリートGPUとHDMI出力などを追加した上位版B204 / 206がすでに発表されていますが、新たに掲載されたB203はオリジナルのB202とプロセッサが違うバリエーションモデル。仕様表の載っていない製品ページを間違い探し的に比較すると、本体の外観はB202とほとんど(まったく)変わらず、1リットルの体積や26dbの静音、20ワットの低消費電力なども初代と同等。

違いはAton N270ではなく「より高速なプロセッサ」を採用してパフォーマンスが向上したとされている点。経由地のLiliputingによれば、新プロセッサはどうやらCeleron 220のようです。またB202側には載っているインスタント起動アプリ環境 Express Gate (SplashTop)も記述なし。おそらくはEee PCのAtom版 / Celeron版のように、Atomプロセッサの需給変動に対応するやや安価なモデルではないかと思われます。投入市場・価格などは不明。

[Via Liliputing]
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: asus, eee box, eee box b203, eee pc, EeeBox, EeeBoxB203, EeePc
0シェア
FacebookTwitter