アップル、次回を最後にMacworld参加を終了、ジョブズのキーノートなし

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年12月17日, 午前 10:32 in apple
0シェア
FacebookTwitter


アップルがMacworldへの参加終了を発表しました。次のMacworld カンファレンス & Expo (SF) 来月の2009年1月5日 ~ 9日に渡って開催されますが、アップルはこれを最後にMacworldへの出展をとりやめるとのこと。また、今回つまり最後のMacworld 基調講演はCEOジョブズではなくSVPのフィル・シラー氏が担当します。

Macworld撤退の理由は、ほかの多くの企業とおなじく、アップルの広報におけるトレードショーの役割が小さくなっているため。プレスリリースでは毎週 350万人以上が訪れる各国アップルストアの盛況、およびApple.comウェブサイトにより億単位の人々に直接リーチできるようになったことを挙げ、ここ数年はNAB, Macworld New York, Macworld 東京, Apple Expo in Parisといったイベントから手を引いてきたことを強調しています。

アップル独自の発表イベントが終了するわけではないものの、ひとつの時代の終わりあるいは変化を示すニュースです。なお、Macworldそのものを主催するIDGによれば、2010年のMacworldはアップル不参加のままおなじモスコーニセンターで実施される予定とのこと。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, breaking news, BreakingNews, macwrold
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents