アップルのApp StoreがiPhone / iPod touchプラットフォーム最大の武器と称えられAndroid陣営ではAndroid Marketを開始、マイクロソフト方面ではWindows Mobile 7にSkymarketを準備していると伝えられるなか、Palmが公式 App Store Software Storeアプリの配布を開始しました。Palm OS向けとWindows Mobile向けが用意されており、ソフトウェアの品揃えは無料アプリ1000本以上を含む総計 5000+本。

来月のCES 2009でついに次世代 OS "Nova"を披露する(と伝えられる) Palmが本格的な大攻勢に打って出る先駆けか?とも思えるものの、つながる先は大昔 (Palm史における洪積世くらい)からPalm向けアプリストアを運営しているPocketGear。つまりまったく新しい展開ではなく、既存のPalm用ストアに新しい窓口を設置してPalmブランドにしたといったところです。とはいえApp Storeのように公認でもっと密接にデバイスと統合されたストアに進化すれば、かつてはPalm最大の自慢だった開発者層を新しい時代の競争に向けて呼び戻しエコシステムを確立する武器にはなるかもしれません。