GPS homing device gets you back where you started, nowhere else
広い意味で変ガジェット屋の老舗 Hammacher Schlemmerが「もっともシンプルなポータブルGPSデバイス」をうたう GPS Homing Deviceなるものを販売しています。ストップウォッチに似た本体には電源スイッチのほか操作ボタンがひとつだけ付いており、押すと今いる場所を出発地点としてセットします。あとは丸いディスプレイにセットした場所の方向と距離が表示されるだけ。

つまり地図も内蔵していなければ目的地のセットもできず、通過地点の記録すらできない完全な単機能デバイスです。そのかわり測位も速く5m単位で計測できるGPSチップを採用しており、また電子コンパス搭載で常に矢印の方に進めばよいため、コンパスなしのGPS携帯などでよくある「現在地は分かるが方角が分からない」人も安心です。

用途として挙げられているのは複雑なGPSポータブルナビが面倒または使えない場合、あるいは広い駐車場やレジャースポットでどこに戻ればいいかだけ記録するときなど。地形によっては矢印に従ったら行き止まりや断崖絶壁に直面するパターンがありそうな気もしますが、迷子癖のある人に帰巣本能を追加するデバイスと考えればなかなかお手軽です。価格はUS$79.95。

[Via Chip Chick]