東芝が業界最大容量となる512GB品を含む新SSD 計10種の製品化を発表しました。43nmプロセスのMLC NANDセルの採用により大容量化を実現したことに加えて、並列動作する新コントローラチップによりシーケンシャルアクセスで 読み込み240MB/秒、書き込み 200MB/秒を実現しています。

ラインナップはPC用の2.5インチ型が512GB (THNS512GG8BB)から64GBまで。1.8インチ(PC用ケースおよびモジュール型)が256GBから64GBまで。サンプル出荷は2009年Q1、量産はQ2からとなっています。シーケンシャル以外のアクセス速度は記述なし。