デスクトップ置き換えを名のりつつシングルモニタではちゃんちゃらおかしい、ということなのか、レノボが液晶ディスプレイを2枚搭載したThinkPad W700dsを発表しました。WACOMのタブレットとカラーキャリブレーション機能搭載のグラフィックワークステーションとして話題になったThinkPad W700のデュアルスクリーン版にあたり、WUXGA (1920 x 1200)の17インチメインディスプレイの右側に10.6 インチ WXGA 768 x 1280の縦型サブディスプレイを搭載します。

基本仕様はCore 2 Extreme (QX9300サポート)、4GB RAM、Intel Turbo memory 4GB (!)、RAID HDDまたは64GB SSD x2、Blu-rayドライブオプション、グラフィックはNVIDIA Quadro FX 2700M (512MB) または 3700M (1GB)など。シングルHDD時の最低重量は4.96kg。価格はUS$3600で12月から発売。ダメ元でサンタさんに頼んでみてはいかがでしょうか。

[via Computer World]