PCが怪奇現象をおこすUSBいたずらデバイス Phantom Keystroker

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2008年12月24日, 午前 10:24 in funny
0シェア
FacebookTwitter

変ガジェット屋のThinkGeekにまた電子いたずら(というより嫌がらせ) デバイスの新作が入荷されています。Phantom Keystroker V2は目立たないUSBドングル型のデバイスで、目標のPCに挿入されると仮想キーボード / マウスドライバにより「キーボードに触っていないのに突然無意味なテキストが打ちこまれる」「マウスカーソルが勝手に動く」「ランダムにCAPS LOCKがかかる」といった怪現象をおこします。

実際に起きる現象と発生間隔は側面のハードウェアスイッチで調節可能。長めに設定すればなにが起こったのか分からないまま気のせいかと納得しかけたところにまた怪現象のくり返しで犠牲者の忍耐力を激減させられます。この手の製品としてはめずらしくWindows / Mac / Linux対応 (MacではCaps Lock機能非対応。一部のLinuxコンフィグでは使えない可能性もあり)。

邪悪な嫌がらせデバイスとして古典の電気「水滴の拷問」マシンとおなじく、笑って許される時と場所と相手を選んで使いましょう。製品ページに赤字で追加された警告によればゴミテキストを入力することはあってもリターンキーを押すことはなく、またマウスボタンをクリックしないなど最低限の措置は考えられていますが、あらゆる冗談やいたずらと同じく洒落にならない状況で使ってはいけません。価格はひとつ13ドル。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: funny, joke, prank
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents