HP、新プロセッサAthlon Neo 搭載ノート Pavilion dv2を発表

Takashi Yamazoe
Takashi Yamazoe
2009年01月6日, 午後 03:03 in amd
0シェア


HPから、AMDの新プラットフォーム"Yukon"を採用したモバイルノート Pavilion dv2 Entertainment Notebookが発表されました。Yukonは新プロセッサAthlon NeoとRS690Eを組みあわせた薄型モバイルノート向けプラットフォーム。dv2は約1.7kgとちょっと重めですが、CPUにはAthlon Neo MV-40 1.6GHz、最大メモリ4GB、最大HDD容量500GB、12.1インチ1,280 x 800ピクセルのディスプレイ、フルサイズキーボードから8%縮小に留めたキーボードという本格的な構成です。

さらにオプションで802.11n対応の無線LAN、内蔵WWAN (Gobiチップ)も追加できます。OSは 64bit版Windows Vista Home Premium。高価な薄型ノートとネットブックのあいだを狙うYukon採用だけあって、GPUをディスクリートのATI Mobility Radeon HD3410にして外付けBlu-rayドライブを加えてもなんと$899。BluetoothにHDMI端子、内蔵ウェブカメラ、3.5〜4時間持つバッテリの基本構成でも$699です。出荷は3月以降の見込み。

Gallery : HP Pavilion dv2


 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: amd, athlon neo, AthlonNeo, hp, yukon
0シェア