Macworld 2009基調講演の「One Last Thing」として、(米国) iTunes Storeの大幅なアップデートが発表されました。まず、従来はEMI および一部のインディーズだけだったiTunes Plusが4大レーベルに拡大。アップルのプレスリリースによればすべての曲がDRMフリーで提供されるようになります。これにともない、音楽業界が要求していた段階価格制が導入されます。一律.99から基本 .99、6年以上経った曲は.69の割引価格もあり。ただし$1.29の曲も。さらに、現在はWiFiでしかダウンロード購入できないiPhone版のiTunes Storeでも、3G経由で曲を落とせるようになりました。