Novatelの「モバイルホットスポット」ことMiFiもCES 2009に出展されます。MiFiはカードサイズで厚さ数ミリという小型に3Gモデムと無線LANを搭載、持ち歩ける3G ホットスポットとして機能する製品。バッテリーも内蔵しているため、これをポケットに入れておけば無線LAN機器をどこでもインターネットに接続できます。

CESのプレイベントで実機に触った印象はただ「小さい!」。ポータブル3Gルータは無線LANを搭載したスマートフォンやiPhone + ご禁制アプリ NetShareでも実現できますが、iPhone 3Gよりもさらに小型。あと1.5倍や2倍厚くしても構わないと思える薄さです。バッテリー駆動時間についてははっきりした数字を教えてもらえなかったものの、先月のプレスリリースによれば待ち受け最大40時間・連続通信で最大4時間。バッテリーは予備と交換でき、USB経由で充電できます。

Novatelによれば、MiFiは2009年半ばにも米国のCDMAキャリアから販売される予定。HSDPAやGSMなどWWANモデム側によって複数のモデルが登場します。「たしかに小さい」ということしか分からない実機ビデオは続きに掲載。