SDアソシエーション、最大容量2TB・最大転送速度300MB/秒のSDXCカード規格を発表

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年01月8日, 午前 02:43 in sdhc
0シェア
FacebookTwitter

SDカードの規格を策定する業界団体SD Associationが、次世代SDカード規格 SDXCを発表しました。SDXC (eXtended Capacity)はSDカードの最大容量を2TB、最大転送速度を300MB/秒にまで拡大するもの。ファイルシステムにはマイクロソフトの開発したexFATを採用しています。SDアソシエーション公式にはまだ掲載されていないプレスリリースによれば、SDXC規格は今年第1四半期のうちにも正式公開となる見込み。転送速度は年内に104MB/秒、将来的に300MB/秒へ。

またSDXC規格に含まれる高速な転送速度は既存のSDHCやSD Embedded、SDIOにも取り入れられます。容量2テラバイトは、プレスリリースにあるたとえを使えば「HD映画 100本、HDレコーディング 60時間分、RAW画像ファイル 4000枚」。せっかく容量を拡張したはずのSDHCは あっというまに上限の32GBを迎えてしまいましたが、2TBともなればまたしばらくは息がつけそうです。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: sdhc, sdxc
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents