昨年に画像がリークされて以降、靴みたい靴みたいと言われていた新しいプリウスが、デトロイトモーターショーで正式に発表となりました。靴みたいな2010年モデルのプリウスでは自慢の燃費がさらに良くなり、21キロ/リッターに到達しています。詳細は業界紙に譲るとして、ガジェットとして見た時に一番クールな機能は、オプションではありますがソーラーパネルを搭載し、発電して室内の換気を行えること。メルセデス・マイバッハの一部モデルなどと同様、暑い日に放置しても車内をクールに保つことができます。さらにリモコン操作で、車に乗る前に車内の暖冷房を動かしておくことも可能。あとはリモコン操作で子供を幼稚園に連れて行ってくれれば言うことなしです。リンク先はエコ系クルマblog Autoblog greenのリポート。