東芝の世界最軽量ノートPC(※光学ドライブ搭載の12.1型以上のワイド液晶搭載PC部門において)、dynabook SS RXに2009年春モデルが発表されました。前回は1スピンドルモデル128GB SSDモデルが後から登場しましたが、今回はいずれも最初からラインナップ。

前モデルから主な変更点は、CPUがCore 2 Duo SU9300になったこと、全モデルでメモリが標準で3GBになったこと。重さもワイヤレスWANなし、SSDモデルに小さい方のバッテリをつけた場合で858gからと、前最軽量モデルより20g軽くなっています。駆動時間も最長はSSDモデルに大きい方のバッテリをつけた場合で12.8時間と、前最長駆動モデルより0.3時間アップ。液晶の輝度が200cd/m^2から250cd/m^2に上がったこと、ACアダプタが約20gほど軽量化して175gになり、直接コンセントに接続できるウォールマウントプラグも付属するようになったのも変更点。

店頭販売されるのは、128GBのSSD版がオフィス付でワイアレスWANあり/なしの2モデル、160GBのHDD版はオフィスあり/なしとワイアレスWANあり/なしが選べて4モデル、加えてオフィスもワイアレスWANもない1スピンドルモデルと、計7モデルです。内蔵WWANは月額最大5985円のKDDI CDMA 1X WIN。

価格はオープンプライスですが、CPUがSU9400にアップグレードし、BluetoothがついたWeb販売モデルで272600円から。SSDモデルは417600円から。機能も価格もゴージャスとしか言いようがありません。

Read - プレスリリース
Read - 商品紹介ページ