Corsairも128GBモデルでSSD参入、サムスン製コントローラ採用

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年01月22日, 午前 07:32 in corsair
0シェア
FacebookTwitter


最近は高速メモリよりSSD製品で知られるようになったOCZに続いて、CorsairもSSDに参入します。リンク先Custom PCによれば、Corsairが販売するのは容量128GB・MLCタイプのメインストリーム向け2.5インチSSD「S128」。公称転送速度はリード 90MB /秒・ライト70MB/秒とあまり速くないものの、コントローラにJMicron製 JMF602ではなくサムスン製を採用したことにより実効速度が落ちにくいことが特徴とされています。

メインストリームSSD製品の多数で使われているJMF602は公称シーケンシャル転送速度より実環境での書き込みがかなり遅い傾向にあり、特にランダム書き込みが多く発生すると一時的に重くなるいわゆる「プチフリーズ」が指摘されているコントローラ。"better by design"のうたい文句でコントローラの先進的設計をアピールするインテルとおなじく、シーケンシャルの数値だけではなく実使用環境なら負けないというのがCorsairの主張です。S128の正式な出荷時期・価格は不明。予約を受け付けている店での価格はVAT込み326ポンド、現行レートでは3万円台後半くらい。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: corsair
0シェア
FacebookTwitter