デルの新世代フラッグシップノート Studio XPS 13 / Studio XPS 16が国内で正式発表となりました。Studio XPS 13 / 16は革やアルミアクセントの外装デザイン、フラットなEdge to Edgeディスプレイやバックライトキーボード、さらにeSATAやHDMI / DisplayPort、電源オフでも給電可能なPowerShare USBなど最新技術を投入したプレミアムライン。ACアダプタが従来品(XPS M1530 90W)から約半分の体積に小型化されていること、DLNAサーバやDVDのフルHDアプコンなどAV系ソフトウェアが充実しているのも特徴です。

仕様はStudio XPS 16がCore 2 Duo P8400 + PM45 Expressチップセット、2GB DDR3メモリ(最大8GB)、160GB HDD、グラフィックはMobility Radeon HD 3670、16インチ1280 x 720ディスプレイ(オプションで1920 x 1080 広色域)、スロットローディングのDVDスーパーマルチドライブ(オプションでBD)、インターフェース類はExpressCard /54スロット、8 in 1 メディアカードスロット、DisplayPort出力、HDMI出力、内蔵ウェブカメラ、USB x2に加えてUSB / eSATAコンボポートなど。重さ約2.9kg。OSはVista Home Premium。最小構成 13万9980円から。

Studio XPS 13のほうはCore 2 Duo P8400 + NVIDIA MCP79MX (GeForce 9400Mグラフィック。オプションで9500M選択時はHybrid SLI対応)メモリ2GB (最大4GB)、13.3インチ1366 x 768 ディスプレイ(CCFL、オプションで1280 x 800 LEDバックライト)、Vista Home Premium。重さ約2.2kg。価格は11万9980円から。両機種とも量販店・オンライン同時に27日から発売予定。「Adamoが出るまでは」デル最上の個人向けプレミアムノートです。