AppleとIBM和解、元IBMのプロセッサ開発責任者が iPod開発トップへ

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年01月28日, 午前 11:48 in apple
0シェア
FacebookTwitter


アップルのiPod / iPhoneハードウェア部門トップにMark Papermaster氏が就任することになりました。IT業界にはもったいない立派な苗字のPapermaster氏は、元IBMでプロセッサ開発部門のトップだった人。アップルからは昨年11月に採用と同ポストの就任が発表されていましたが、競合他社への移籍ということで、IBMの求めにより裁判所から勤務差し止めの一時命令を受けていました。今回ようやくアップルとIBMが和解。Papermaster氏はIBM退職から半年後の4月24日より晴れて勤務開始です。

なお、iPodハードウェア部門の前トップだったTony Fadell氏は昨年11月時点で同職を既に退任、アドバイザに就任しています。あれだけのヒット商品の責任者が半年以上も不在でいいのかという気もしますが、病床からも戦略決定に参加する指揮官がいる限り、いらぬ心配でしょうか。

Read - Appleのプレスリリース
Read - IBMのプレスリリース

[Via Mac Rumors]
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, ibm, ipod
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents