次世代iPhoneらしき型番、ファームウェアから見つかる

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年01月29日, 午後 01:26 in apple
0シェア
FacebookTwitter

発表時期はともかく開発は進んでいるであろう次世代 iPhoneの手がかりらしきものが見つかっています。リンク先MacRumorsによれば、画像はiPhone ソフトウェア v2.xに含まれるUSBDeviceConfiguration.plistからみつかった「iPhone2, 1」の定義部分。

iPhoneやiPod touchハードウェアの内部的な識別コードを示しており、初代 iPhoneは"iPhone1,1"、iPhone 3Gは"1,2"、そしてiPod touchは2代目から"iPod2,1"であることから、"iPhone2,1"は現行機種の単なる容量違いなどではない新規ハードウェアであることが推測されます。

といっても肝心の中身については、アップルがImagination Technologies株の数%を手に入れたこと、ARMベースの携帯端末用独自チップを開発しているとされることなどから初代 > 3Gよりも大きな変化になる(に違いない)と推測されているだけでまったく不明。登場時期については3Gが昨年6月発表だったことからWWDCあたりには何かあってほしいと期待されてはいるものの、ファームウェアに定義が含まれているからといって発表が近いとは限りません。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, iphone, iphone 3g, Iphone3g
0シェア
FacebookTwitter