写真はOLPCプロジェクトの次世代ノート XO 2.0(仮)。リンク先NetbookNews.deによれば、スイスのダボス会議で先ほど披露されたもの。QWERTYキーボードを載せていた初代XOに対してデュアルタッチスクリーンになる二代目はこれまでイメージ画像が公開されていましたが、こちらは(いちおう)触れるモックアップです。当初の予定では世界の子供たちに千万から億単位でXOを配布していたはずのOLPCプロジェクトも、最近は専任スタッフを半減させ事業方針の「リフォーカス」を宣言するなどかならずしも順調とはいいがたい様子が伝えられています。とはいえ独自インターフェースを持った教育用OS 「Sugar OS」はコミュニティ主導で成果を生んでおり、新ハードウェアもちゃんと開発は進められているようです。XO 2.0は2010年にも完成する予定。