アップルが作ってくれないミニMacBookの代用として、あるいは趣味のハックとして定番のOS X入りネットブックを、新旧のアップル純正ノートと比較したベンチマークが公開されています。リンク先AppleDifferentが掲載したのは、OS X を(無理やり)インストールした Advent (MSI WindのOEM)と2004年製のiBook G4 (1.33GHz, 768MB RAM, 160GB 5400rpm HDD)、初代MacBook Airを比較したもの。

結果は上のグラフのとおり。Atom N270のAdvent (Wind)はCPU testで引き離されているものの、Thread testではG4それほど変わらず。逆に4年分の世代差からメモリ速度では大差をつけ、総合スコアではあまり変わらない結果になりました。MacBook AirはCore 2 Duo搭載機だけあって全般に突出しているものの、PATAの1.8インチHDDとGMA X3100の初代であるためかResultsではほとんど並んでいます。

実使用環境の比較では、たとえばOS XのブートはBook G4が60秒、Windは約48秒。iTunes起動はG4が6秒 vs Windが約4.5秒など。リンク先ではさらに細かい作業ごとの速度や消費電力・バッテリー駆動時間に至るまでさまざまな数字を掲載しています。ネットブックでもOS Xがそれなりに動くという結果はEULAを気にせずハックに走る後押しになるのか、それほど変わらないなら本体も画面も大きい旧世代 iBook / PowerBookでいいと考えるか微妙なところです。