作者が自著をビデオで語る「V-Book」、Amazonで販売開始

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年02月4日, 午後 10:39 in harpercollins
0シェア
FacebookTwitter


部屋には積読、それでもYouTubeやニコニコ動画なら何時間でも見てしまう、むしろ動画サイトのせいで本を読む時間がないという皆様へ。アメリカの大手出版社HarperCollinsが本のビデオ版「v-Book」の販売を始めました。第一段はJeff Jarvis氏のWhat Would Google Do?。272ページのこの本を著者自身が猛烈に要約して、わずか23分で説明してくれます。映像配信にAmazon.comを利用していますので、同サイトの他の動画と同様にPCやiPodへのダウンロードも可能、2分間のプレビューを無料で見ることもできます。ただし日本からは閲覧できませんので、雰囲気は写真で察して下さい。値段は$9.99。

なおHarperCollins社では今後、全6タイトルを販売予定。あくまで実験的なビジネスのようで、CEOいわく、売り上げがどうこうというのは気にしていないとのこと。朗読文化の浸透したアメリカならではでしょうか。日本なら筒井康隆が適任かと思います。

Read - ワシントンポスト紙の記事
Read - Amazon.comの商品ページ
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: harpercollins, v book, VBook
0シェア
FacebookTwitter