LGから、同社製タッチスクリーン携帯では初めて3DライクなUIを採用するLG Arena (KM900)が正式に発表されました。事前のリーク情報から3D S-Class UIなる3D UIを搭載するのでは?と噂されていたとおりです。3Dといっても最近たまに見かけるようになった立体映像が再生可能な携帯ではありませんが、Mac OS XのFast User Switchのような(あるいは他社の3D UI携帯のような)キューブエフェクトを実装しています。

LG モバイルCEOのSkott Ahn博士いわく、「3D UIは他の携帯とは一線を画す、ダイレクトで直感的な操作感」を実現しているとのことですが、ほかの3Dインターフェース携帯とどう一線を画すのかはまだ不明。そのほか現時点で判明している仕様はDolby / DivXテクノロジー、HSDPA 7.2Mbps、WiFiおよびA-GPS搭載。 2月16日~19日にバルセロナで開催のMWC 09で実機が展示される予定。グローバル発表の段階なので国内キャリアから登場する・しないはまた別のお話です。

[Via UnwiredView]