三洋から3マイク搭載・Wメモリ対応のDIPLY リニアPCMレコーダ

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年02月12日, 午後 04:21 in ic recorder
0シェア
FacebookTwitter


三洋電機のICレコーダー「DIPLY」シリーズに新機種が加わりました。「ICR-PS503RM」と「ICR-PS501RM」は指向性ズームモノラルマイクと全方位ステレオマイクを搭載した3マイク構成。両機種の違いは内蔵メモリだけで、503が4GB、501が2GBです。外部メモリとしてはmicroSDカードスロットを搭載し、こちらはmicroSDHCにも対応。重さは53グラム。単四電池駆動で、MP3録音ならアルカリ電池で最大26時間利用できます。

詳しく性能を見てみると、録音形式はリニアPCMとMP3に対応し、デュアル録音も可能。「音楽・会議・講義・口述」といった状況に応じて録音するシーンセレクト機能も搭載しています。さらに感度調整、イコライジング、ローカットフィルター、再生速度調節、ライン入力、USB端子内蔵でダイレクト接続などなどなど。シリーズ内ではミドルレンジに位置する本機種ですが、発売中のハイエンド機種「ICR-PS603RM」と比較しても4マイク搭載でエネループ充電に対応する以外は、ほぼ同等のスペックです。

3だか4だかと、髭剃り並のハイスペック化を突き進むICレコーダー業界。なにがなにやらという人には、1マイク、内蔵メモリなし、MP3のみ対応のエントリ機種「ICR-B001M」も同日発表されています。

Read - 「ICR-PS503RM」と「ICR-PS501RM」のプレスリリース
Read - 「ICR-B001M」のプレスリリース
Read - 商品情報
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ic recorder, IcRecorder, sanyo
0シェア
FacebookTwitter