アイ・オーからもバスパワー駆動の7型USBサブモニタ、国内生産

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年02月12日, 午後 05:40 in i-o data
0シェア
FacebookTwitter


各社から多数登場しているUSB接続サブディスプレイの新製品がアイ・オーから発売されます。I-O LCD-USB7XW(白) / B(黒)はノングレア 7インチ800 x 480 のUSB接続・バスパワー駆動ディスプレイ。収納式のスタンドは縦置き・横置きの両方に対応します。ドライバはWindowsで最大6台・Intel Macで最大4台までの同時接続が可能。本体重量は約390g。

ディスプレイパネルの基本仕様は輝度200cd/m^2 LEDバックライト、応答速度 25ms、コントラスト比 500:1、視野角 上下120度・左右140度 (横置き時)など。基本的には他社製とおなじような製品ですが、I-Oでは日本国内生産の信頼・高品質をうたっています。価格はオープン・予想1万5000円くらい。出荷開始は黒が3月中旬、白がやや遅れて3月下旬予定。

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: i-o data, I-oData
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents