写真は表面にデュアル・ソーラーパネルを備えた任天堂の新製品「ニンテンドーDSDS」......ではなく、dark spongeさん作の改造ニンテンドーDS Lite。実際は裏面にも二枚、計四枚のクアッド・ソーラーパネル仕様です。もちろんソーラーパネルは飾りではなく、標準バッテリーの充電が可能。空に太陽があるかぎり半永久的にゼネスをデコイで待ち続けることができます。

必要な材料はソーラーパネルとダイオード、針金、セロテープだけ。ソーラーパネルは1枚が3V、40mA動作で、表裏それぞれで直列接続、両面を並列で接続しているため、6V80mA動作となっています。充電効率はソーラーパネル次第かと思いますが、作者いわく電源ケーブルで充電をする必要はなくなったとのこと。携帯ゲーム機なのにもっぱら布団の中でしか遊んでいないという人には、太陽を探して外へ出かけるちょうど良いインセンティブになるのではないでしょうか。詳細なパーツと必要な工具リスト、回路図から組み立て手順はリンク先のInstructablesページへ。

[Via SlashGear]