昨年末にリークされていたサムスンの3G携帯電話「Memoir」が正式発表を迎えます。 見た目がすべてを物語るMemoirは8メガピクセルのCMOSセンサーを搭載したカメラ携帯。ユーザーインターフェースにはOmniaと同じTouchWizを採用するほか、AGPS、フルブラウザなどを備えます。 デジカメとしては前述の8メガCMOSに16倍のデジタルズーム、AF、キセノンフラッシュ、顔認識に手ブレ補正を搭載。また前面(背面?)のタッチパネルでズームやフラッシュのon/offなどを操作できるほか、GPS情報を写真に付加するジオタギング、動画撮影、TV出力も可能と完全なコンパクトデジカメ仕様となっています。米国内向けにはT-Mobileから$249.99で2月25日の発売を予定。

この他の詳細はOmniaHDと同じく、本日開催されるサムスンプレスイベントにて公開される予定です。続きにプレイベントで撮影された実機動画を掲載。